• トップページ
  • 眼瞼下垂の口コミ・評判
  • 眼瞼下垂の手術方法
  • 眼瞼下垂の基礎知識
眼瞼下垂 眼瞼下垂の基礎知識 眼瞼下垂 治し方

眼瞼下垂 治し方


眼瞼下垂 治し方

代表的な治療法

眼瞼下垂の治療法は、何種類かありますが、一般的に多く行われるのは切開手術です。
その種類は、挙筋前転法、挙筋短縮法、下眼瞼下制術と腱膜移植が代表的です。

切開手術のメリットは、軽度から重度まで程度に関係なく治療ができることで、元に戻る可能性も少ないため、ほとんどの人は一度で改善します。
ただし、医師の技術が大きく関係することなので、病院選びも慎重に行うことが重要です。

これとは全く反対に、切らずに治療する方法が埋没式挙筋前転法です。
メスを使わないより安全な治療法として注目を集めています。
その大きな理由は切らないので、傷跡やダウンタイムが全くないからでしょう。

眼瞼下垂の種類別治療法

先天性眼瞼下垂の場合、一般的には手術による治療が多いようです。
先天性眼瞼下垂は、単純性眼瞼下垂、眼瞼縮小症候群と動眼神経麻痺の3つにほとんどが該当するのですが、筋肉に異常があるか神経に異常があるかによって、具体的な手術方法は異なります。

特に多いと言われる単純性眼瞼下垂の場合、挙筋機能が残っているかどうかで手術方法も違ってきます。

後天性眼瞼下垂の主な症状は、腱膜性眼瞼下垂、老人性眼瞼下垂、コンタクトレンズ性眼瞼下垂、重症筋無力症、動眼神経麻痺とホンネル症候群に分類されます。

大部分は、腱膜性眼瞼下垂に当たるようで、老人性、コンタクトレンズもそのひとつです。
治療法は、挙筋腱膜のずれを修復する手術が一般的のようです。
一方残る3つのように、神経の異常によって起こる眼瞼下垂もありますがさまざまな症状を伴うことが多く早期の治療が必要になります。
後天性の場合、徐々に症状が現れるので気が付かずに悪化しやすいのも特徴です。

偽眼瞼下垂は、眉毛下垂、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼けいれん、眼球陥凹と小眼球症などに分類されますが小眼球症のような重い病気は専門医の治療が必要になります。
その他は、美容外科で治療を受けることになりますので、気に入ったクリニックで一度診察を受けてみるといいでしょう。

美容外科ランキング

品川美容外科

品川美容外科ホームページ

湘南美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 品川美容外科の二重整形を詳しく見る

おすすめポイント

品川美容外科は症例実績70万件以上の大手美容外科クリニックです。
二重にする方法も二重術埋没法だけでも3種類あり、切開やまぶたの脂肪吸引など悩みと予算によって複数の選択肢から選ぶことが可能です。
初めて二重整形に挑戦するなら、二重整形に強い品川美容外科に相談するのがおすすめです。

料金

二重術スーパークイック法
(1点留め)
両目 90,740円
片目 60,180円
プレミアムスーパークイック法
(2点留め)
両目 36,850円
片目 23,140円
二重術切開法 両目 90,740円
片目 60,180円

東品川美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 品川美容外科の二重整形を詳しく見る

東京美容外科

東京美容外科ホームページ

東京美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 東京美容外科の二重整形を詳しく見る

おすすめポイント

東京美容外科は全国展開していて通いやすさは抜群です。
高い技術力で多くの方に選ばれる美容外科クリニックといえます。

料金

埋没二重 70,000円
切開二重(全切開) 210,000円~
眼瞼下垂 330,000円~

中央クリニックの二重整形を詳しく見る
>> 東京美容外科の二重整形を詳しく見る

眼瞼下垂治療なら【KOSHOクリニック】(大阪・神戸)

おすすめポイント

KOSHOクリニックは一人ひとりの眼瞼の状態、希望に応じて手術デザインから細かく施術を行います。ダウンタイムも短い為安心して通えるクリニックです。

料金

片目 77,870円
両目 135,740円

眼瞼下垂治療なら【KOSHOクリニック】(大阪・神戸)を詳しく見る

ページトップへ

眼瞼下垂の基礎知識

眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の口コミ・評判


サイトマップ