• トップページ
  • 眼瞼下垂の口コミ・評判
  • 眼瞼下垂の手術方法
  • 眼瞼下垂の基礎知識
眼瞼下垂 眼瞼下垂の基礎知識 眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の手術方法


pixta_7807629_S

眼瞼下垂の手術の種類

眼瞼下垂の一般的な治療方法に手術がありますが、その種類は次のようなものです。
・挙筋前転法
・挙筋短縮法
・下眼瞼下制術
・腱膜移植

挙筋前転法

挙筋前転法は、信州大学の松尾教授が提唱した手術法で松尾式と呼ばれることもあります。

上まぶたには、目を開けるための眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉があります。
これは、まぶたのふちにある瞼板という固い板にしっかりと付着している必要があるのですが、何らかの理由で眼瞼挙筋と瞼板の付着部分である挙筋腱膜が伸びたり縮んだりしてしまうとまぶたが開きにくくなってしまいます。
この症状を腱膜性眼瞼下垂と呼びます。

挙筋前転法は、伸びたり縮んだりした挙筋腱膜を瞼板に再固定する手術で、眼瞼挙筋や挙筋腱膜を切らず付随する筋肉も傷つけないため健康的かつ生理的な改善ができると言われています。
ただ、まぶた内部の組織を手術することから、手術ではまぶたの皮膚を切開します
そのため、腫れなどのダウンタイムは長引きます。

挙筋短縮法

挙筋短縮法は伸びきってしまった眼瞼挙筋や挙筋腱膜を切って短くし瞼板に逢着させます
交感神経とかかわりの深いミュラー筋を傷つけるリスクが高いため、挙筋前転法で改善が見込めない場合のみ適用される手術です。

まぶたの皮膚側を切開する経皮法とまぶたの裏側を切開する結膜法があり、重度の眼瞼下垂の治療が可能です。
どちらも切開手術のため、ダウンタイムが長引きます。

下眼瞼下制術

下眼瞼下制術は、下まぶたを下げて丸いカーブを作りたれ目にします。
手術は、まぶたの皮膚側を切開する方法と、まぶたの裏側を切開する方法がありますが、一般的には裏側を切開する方が傷跡も残らないため多く行われています。
吸収性の糸を使うため抜糸はしませんが、この糸にアレルギー反応を起こす場合があります。

腱膜移植

腱膜移植は、自分の体の一部を使って眉毛の筋肉とまぶたをつなぎ、眉毛を上げる力で目を開くようにする方法です。
まぶたを持ち上げる筋力が全くない場合はこの方法しかないので、先天性眼瞼下垂の小児に行うことが多い手術です。

美容外科ランキング

品川美容外科

品川美容外科ホームページ

湘南美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 品川美容外科の二重整形を詳しく見る

おすすめポイント

品川美容外科は症例実績70万件以上の大手美容外科クリニックです。
二重にする方法も二重術埋没法だけでも3種類あり、切開やまぶたの脂肪吸引など悩みと予算によって複数の選択肢から選ぶことが可能です。
初めて二重整形に挑戦するなら、二重整形に強い品川美容外科に相談するのがおすすめです。

料金

二重術スーパークイック法
(1点留め)
両目 90,740円
片目 60,180円
プレミアムスーパークイック法
(2点留め)
両目 36,850円
片目 23,140円
二重術切開法 両目 90,740円
片目 60,180円

東品川美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 品川美容外科の二重整形を詳しく見る

東京美容外科

東京美容外科ホームページ

東京美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 東京美容外科の二重整形を詳しく見る

おすすめポイント

東京美容外科は全国展開していて通いやすさは抜群です。
高い技術力で多くの方に選ばれる美容外科クリニックといえます。

料金

埋没二重 70,000円
切開二重(全切開) 210,000円~
眼瞼下垂 330,000円~

中央クリニックの二重整形を詳しく見る
>> 東京美容外科の二重整形を詳しく見る

眼瞼下垂治療なら【KOSHOクリニック】(大阪・神戸)

おすすめポイント

KOSHOクリニックは一人ひとりの眼瞼の状態、希望に応じて手術デザインから細かく施術を行います。ダウンタイムも短い為安心して通えるクリニックです。

料金

片目 77,870円
両目 135,740円

眼瞼下垂治療なら【KOSHOクリニック】(大阪・神戸)を詳しく見る

ページトップへ

眼瞼下垂の基礎知識

眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の口コミ・評判


サイトマップ