• トップページ
  • 眼瞼下垂の口コミ・評判
  • 眼瞼下垂の手術方法
  • 眼瞼下垂の基礎知識
眼瞼下垂 眼瞼下垂の基礎知識 眼瞼下垂のダウンタイム

眼瞼下垂のダウンタイム


5217826_0

眼瞼下垂におけるダウンタイム

ダウンタイムとは何かと、思った方は多いのではないでしょうか。
これは、治療を受けた日から正常な目元に戻るまでの期間のことです。

通常の、眼瞼下垂の切開手術では、ダウンタイムは1~3か月ほどになっています。
当然個人差がありますから、ばらつきはありますが、平均的にはこのくらいの期間で元に戻るようです。

治療後3~5日は患部に腫れが出ます。
それが過ぎて、5~10日で抜糸をします。
そのあとは、腫れや痛みが引いて、自然な目元に戻るまで早い人でも1か月はかかると言われています。

特に、抜糸までの期間は刺激を与えたりすることを避けなければなりませんから、お化粧などもできません。
仕事を持っている女性には辛い期間でもあります。

それに、腫れや痛みが強い場合、外見もかなり印象が変わってしまうので、周囲にもわかってしまうという欠点がありますね。

ダウンタイムのない治療

眼瞼下垂の治療において、切開手術以外にも切らない手術があります。

埋没法のように、メスを使わない場合は、手術後の腫れやダウンタイムはほとんどありません。

中には、腫れる場合もあるようですが、切開手術に比べればかなり期間は短いと思います。
まぶたの裏側から糸を通すため、抜糸の必要もありませんし、傷跡の心配もありません。

治療後は、翌日からお化粧もできますし、腫れが少ないので、仕事を持つ男性にも女性にもお薦めです。

手術の失敗の危険性

眼瞼下垂の治療は、切開手術が一般的になっていますが、この手術は安全なのかどうか気になるところですね。
実際手術自体は、局所麻酔で時間も1時間ほどと短時間で終わるので、あまりリスクは無いように思えます。

実際に手術を受けた人の声を聴くと、思っていた形と違う、左右の目に差が出る、傷跡がなかなか治らないというようなことが挙げられます。
これは、手術の後、腫れが引かないと、自然なバランスや形を確認することができないために起こることだと思います。
傷跡に関しても、やはり時間がかかるのは当然のことであると認識しなければなりません。

美容外科ランキング

品川美容外科

品川美容外科ホームページ

湘南美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 品川美容外科の二重整形を詳しく見る

おすすめポイント

品川美容外科は症例実績70万件以上の大手美容外科クリニックです。
二重にする方法も二重術埋没法だけでも3種類あり、切開やまぶたの脂肪吸引など悩みと予算によって複数の選択肢から選ぶことが可能です。
初めて二重整形に挑戦するなら、二重整形に強い品川美容外科に相談するのがおすすめです。

料金

二重術スーパークイック法
(1点留め)
両目 90,740円
片目 60,180円
プレミアムスーパークイック法
(2点留め)
両目 36,850円
片目 23,140円
二重術切開法 両目 90,740円
片目 60,180円
二重整形の症例写真を紹介

東品川美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 品川美容外科の二重整形を詳しく見る

中央クリニック

中央クリニックホームページ

中央クリニックの二重整形を詳しく見る
>> 中央クリニックの二重整形を詳しく見る

おすすめポイント

全国に21院ある中央クリニックは、全ての医院の医師全員が最高技術を誇る美容外科専門医集団であり、日本美容外科学会認定専門医グループです。
眼瞼下垂の解決方法は、下がったまぶたを縫縮してぱっちりと開いた目元にすることです。
肩こりや頭痛の原因になることもあるので早め治した方が良い症状の1つです。

料金

眼瞼下垂法 400,000円
眼瞼下垂法+切開二重法 500,000円
目頭切開 180,000円

※大阪梅田中央美容形成クリニック 

中央クリニックの二重整形を詳しく見る
>> 中央クリニックの二重整形を詳しく見る

眼瞼下垂治療なら【KOSHOクリニック】(大阪・神戸)

おすすめポイント

KOSHOクリニックは一人ひとりの眼瞼の状態、希望に応じて手術デザインから細かく施術を行います。ダウンタイムも短い為安心して通えるクリニックです。

料金

片目 77,870円
両目 135,740円

眼瞼下垂治療なら【KOSHOクリニック】(大阪・神戸)を詳しく見る

ページトップへ

眼瞼下垂の基礎知識

眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の口コミ・評判


サイトマップ