• トップページ
  • 眼瞼下垂の口コミ・評判
  • 眼瞼下垂の手術方法
  • 眼瞼下垂の基礎知識
眼瞼下垂について

眼瞼下垂の美容外科ランキング

東京美容外科(全国12医院)

東京美容外科ホームページ
美容外科について

東京美容外科では眼瞼下垂治療が行われていますから、こうした施術を受けることで目がしっかりと開かれた状態に出来るのです。
ここの施設では独自に開発したオープンアイズ法と呼ばれる施術法を行っており、メスを使って切除することはありませんので強い腫れが起きてしまうことはないです。 基本的にはまぶたの裏側から施術を行うことになるので傷跡が目立ってしまうといったことはなく、短時間で終わる為時間を無駄にすることはないと言えます。

フリーダイヤル:0120-658-958

東京美容外科の眼瞼下垂を詳しく見る
>> 東京美容外科の眼瞼下垂を詳しく見る

眼瞼下垂の症例写真を紹介

眼瞼下垂の症例写真

美容外科のポイントはココ!!
  • 開院以来、医療事故0!
  • 最前線の美容医療を集約!
  • 全国12医院を展開!
  • 多数のメディアに紹介されています!

美容外科の口コミ・評判!!

前から眼瞼下垂治療を受けたかったけど痛みを感じることに恐怖心を抱いていたので、東京美容外科を利用することにしました。
噂によるとここの施設の治療は全然痛くないらしいから通ってみたんですが、本当に痛みとか感じませんでした。
麻酔をしっかりと使ってくれたからだと思いますが、注入する時も刺激を感じなかったので恐怖を感じることはありませんでした。

フリーダイヤル:0120-658-958

東京美容外科の眼瞼下垂を詳しく見る
>> 東京美容外科の眼瞼下垂を詳しく見る

共立美容外科

共立美容外科ホームページ
美容外科について

TVコマーシャルも印象的な共立美容外科は、1989年に開院した老舗の美容外科クリニックです。
まだ日本の美容整形黎明期の頃から美容整形と真摯に向き合ってきた共立美容外科の施術のクオリティは、患者のリピーター率の高さから窺い知る事が出来ます。
共立美容外科の診療方針は、「たくさんの患者を捌くよりも、患者1人1人の立場に立った美容外科手術をそれぞれに施す事」です。

美容外科のポイントはココ ! !

最大の特徴は、「グループとして活動し経営のやり方も他にはない独自の体制をとっている」という所にあります。
このグループの「独自の経営体制」の一例として挙げられるのが、年に数回全国に展開している医院の院長が一箇所に集まり、それぞれの院長が持ち寄った患者さん達の要望などを題材にして勉強をする事です。
また、新しい施術の技術を素早く採用して患者の皆さんに紹介する事が出来るように、各医院で情報交換を行っていたりします。
尚、この病院では常に施術の価格にも気を配っていて、全国の市場価格をこまめにチェックし施術の価格の見直しも行っているのも大きな魅力の一つです。

美容外科の口コミ・評判!!

『腫れない・痛くない』と宣伝されていたのでここに決めました。術後は多少の腫れはありますが、それほど気になるものじゃ無かったです。

共立美容外科の二重整形を詳しく見る
>> 共立美容外科の二重整形を詳しく見る

ヴェリテクリニック

ヴェリテクリニックホームページ
美容外科について

ヴェリテクリニックは銀座、名古屋、大阪、福岡にクリニックを持ち、銀座院は銀座駅から徒歩3分、有楽町駅から徒歩5分です。
落ち着いた雰囲気がありプライバシーに配慮されたクリニックで、幅広い美容術を受けることができ、最新機器を使用した美容術はもちろん、他のクリニックの修正も多く行っています。 HPにはたくさんの症例の写真があるので、自分の悩みや理想に近いものを見ると具体的なイメージが湧いて参考になります。

美容外科のポイントはココ ! !

各院とも最寄り駅から徒歩10分圏内にあるというアクセスの良さが魅力で、専門医を指導・教育する立場にある指導医がカウンセリング・治療をおこなっているクリニックでもあります。
施術や治療の技術だけではなく、そこに至るまでのカウンセリングの質が大切だと考えており、患者さんが本当に望んでいる状態、「こうありたい」という本音を引き出し、美容整形をおこなって本当によかったと思える施術・治療を心がけているのも特徴です。

美容外科の口コミ・評判!!

カウンセリングの時からわかりやすいシミュレーションをしてくれて、自分イメージを実現するための手術提案していただき、そのまま手術していただきました。顔全体のバランスもイメージ通りに取れて本当に満足しています。

ヴェリテクリニックの二重整形を詳しく見る
>> ヴェリテクリニックの二重整形を詳しく見る

眼瞼下垂とは?

◆眼瞼下垂とは
眼瞼下垂とは、簡単に言うとまぶたが上がりにくい(眼が十分開きにくい)状態のことです。 なぜこのような状態が起きるのかというと、瞼を開けるために必要な眼瞼挙筋という筋肉の機能が低下すること、もしくは、この筋肉を動かす動眼神経に異常を起こすことが原因と考えられています。

◆眼瞼下垂の原因
原因は、先天的なものと、後天的のもの両方がありますが、多いのは先天性で、眼瞼挙筋の形成不全が原因です。 そのため、遺伝することも多いようです。 後天性のものは、加齢による筋肉の衰えが多く見られます。 その他、重症筋無力症という病気によるものや、眼科手術、脳梗塞の後に起こるもの、脳動脈瘤による神経の圧迫、コンタクトレンズの長期装用者に起こるものなど、原因は一つに特定できないので、おかしいなと感じたら専門医を受診するようにしてください。 脳動脈瘤などは早急に治療が必要になりますから、手遅れにならないうちに早目の受診をお薦めします。

◆眼瞼下垂の治療
治療は、先天性の場合、手術が主体になります。 重症になると、視力の発達が阻害されることもあるので、早期治療が望ましいと思われます。 重症筋無力症の場合は、薬物療法が主体になります。 弱ってしまった筋肉を元に戻すことは難しいため、完治するには手術しかないようです。 眼瞼下垂によって、肩こりや、頭痛が起きたり、眉間にしわが寄ったりという症状が出ることも多いようです。 手術は、なるべくしたくないと思う人も多いようで、ネットの質問コーナーでは、手術以外に眼瞼下垂を治す方法がないかという質問も多数出ています。 完治する訳ではありませんが、症状を軽くする方法が、いくつか上げられています。 その一つが、瞼に貼るテープです。 瞼とオデコをテープで止めることによって、瞼が下がるのを抑えられて、他の部分にかかる負担を軽減できるようです。 実際、手術でこの原理を使ったものがあるので、効果は確かなものだと思います。 自分が眼瞼下垂ではないかと疑いを持ったら、とりあえず病院で検査をしてもらう方がいいと思います。

ページトップへ

東京美容外科

眼瞼下垂の基礎知識

眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の口コミ・評判